2014年07月03日

イベルメクチン、ミルベマイシン、モキシデクチン、セラメクチンの比較

Q;
フィラリア予防薬の種類と効果の差などについて教えて下さい。
A;
 現在、動物病院で処方されているフィラリア予防薬はイベルメクチン、ミルベマイシン、モキシデクチン、セラメクチンの4種です。
 其々の薬は、フィラリア予防効果としては差がありませんが、其々、特徴があり、飼い犬の状況に合わせて処方されています。

 イベルメクチンは最も古くから使われており、現在でも最も多く処方されているフィラリア予防薬です。

この薬はコリー系の犬(コリー、シェルティー、ボーダーコリー)では副作用が出て危険という風説が必要以上に飼い主さんに広まって心配する飼い主さんも沢山いますが、通常のフィラリア予防の使用料(6-7μg/kg)では大丈夫です。


posted by 白ひげ獣医 at 10:50 | TrackBack(0) | 知恵袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。